• トップ /
  • 歯科で行われるインプラント治療

インプラントの手術

歯科で行われるインプラント治療

インプラント治療の流れ

歯科でインプラントの治療を受ける時は、精密検査を最初に受けます。歯の状態や顎の骨格や骨の強度を調べ、治療を行える硬度があるかを調べるためです。精密検査の結果元に患者に対して、施術方法や通院期間などの説明を行います。出は、患者からの同意を得られてから行う事になります。インプラントの手術には1回法と2回法の2種類の方法がありますが、一般的には2回法で外科手術を行います。歯科で行われる2回法の手術は、一次手術で顎の骨に歯の土台となるインプラントと呼ばれるものを埋め込む手術が行われます。この手術は2時間程度で終わるので、人院の必要がなく手術後すぐに帰宅する事が出来ます。一次手術から二次手術までは2カ月から6カ月程日にちを開けます。歯の土台となるインプラントと顎の骨がしっかりと結合するのを待つためです。この期間は歯科に通院をして、消毒などの治療を受けながら安定するのを待ちます。しっかりと結合し安定したら、二次手術が行われます。二次手術では、歯茎を切開して一時手術で埋め込んである土台の部分に、アバットメントと呼ばれる結合部分になるものを埋め込み縫合します。この後、インプラントに装着する人工歯を作るために歯型を取り、人工歯を製作します。歯茎の状態が良くなったら人工歯を被せ、治療が終了します。

↑PAGE TOP

Menu