• トップ /
  • インプラント治療後の注意点

術後の食事に気をつけよう

インプラント治療後の注意点

インプラント後の数日間について

自分の歯のように人工でも自然な歯根を顎の骨に埋め込むインプラント治療は、ブリッジなど健康な歯を削ることなく歯の治療ができることなど魅力が多い治療です。インプラント治療後は長く使っていくためにも食事や生活に注意点があります。手術後の食事の注意点は、しばらくは傷口が開かないように注意が必要です。術後2〜3日は、なるべく噛まずに食べられるような食事にします。ヨーグルト、スープ、豆腐など柔らかに食事にします。また術後は出血や痛みの原因ともなる辛いもの、熱いもの、硬いもの、アルコールなどは控えます。インプラント治療は手術後は感染症にかかりやすいため、食事以外にも注意点があります。インプラントした部分は気になるものですが、指、舌などで触らないようにします。指や舌で傷口を触ることは雑菌が入りやすくなり感染症のリスクが高くなります。歯磨きは口腔内の汚れをとるために必要ですが、歯磨きの際は、歯ブラシに雑菌がついている場合があるため、歯ブラシが傷口にあたらないように注意します。日常生活では、手術後は激しい運動は2〜3日間は控えて安静に過ごします。入浴も湯船には入らず、術後2〜3日はシャワーで過ごします。また煙草も傷口の治りを遅らせる要因になるため指定された期間は禁煙します。

↑PAGE TOP

Menu